たるみ

たるみ


たるみのメカニズムはシミ、シワと同じように年齢を重ねるごとに、皮下脂肪の新陳代謝が悪くなり、コラーゲンなどの生産が減少することが原因です。皮膚の真皮層の下にある脂肪層も20代から減り始めます。 もうひとつの原因が、脂肪や骨などの支持組織の衰え。年齢とともに衰えて皮下脂肪を支えきれなくなるのです。皮膚には再生機能がありますが、紫外線活性酸素によるダメージを受け続けると、肌の張りを保つ“土台”がやられ、たるみやシワといった肌トラブルが現れます。

たるみが起きる原因は?


たるみとは、肌のハリ・弾力が低下して、目元や頬・口元の皮膚が垂れ下がることです。早い方では20代からたるみ始め、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。
肌のハリを保つには、皮膚の奥深くの層(真皮層)にコラーゲンやエラスチン、そしてそれらを作り出す線維芽細胞が正しく張り巡らされている必要があります。何らかの原因でそのバランスが崩れると、ハリ・弾力が低下して皮膚が下がります。

治療


たるみの原因には、加齢、紫外線、酸化ストレス、糖化など、さまざまな要因が関与しています。そこには、日々のスキンケア方法、食事スタイル、生活スタイルなどが大きく影響しています。