シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)


シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)とは?


シミとは、皮膚の中に、メラニンが蓄積され地肌の色よりも濃く見える部位のことです。
肌が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラノサイトが活性化、メラニンを過剰に生成し、皮膚を黒くします。これが「日やけ」のメカニズムです。通常は、表皮のターンオーバーによって、メラニンは皮膚表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちるため、肌の色は一定に保たれます。ところが、長年紫外線のダメージが蓄積すると、メラニンが過剰に作り続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちになります。するとメラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、シミとなります。

シミ・そばかす・肝斑ができる原因は?


お肌の色を決定するのは、メラニンという色素です。
このメラニンは、肌細胞を紫外線などから守る働きがありますが、かといって作られすぎると、しみやそばかすの原因になります。
肌が紫外線などにより刺激を受けると、表皮の最下部にあるメラノサイト(メラニン産生細胞)のチロシンというアミノ酸が、ドーバキノンという物質へと変化します。
さらに、ドーバキノンが黒色メラニンへと変化し、この黒色メラニンが過剰に作られ続けた部分が表面に現れることで、しみやそばかすになります。

通常であれば、このメラニンは皮膚のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる代謝のサイクル)によってはがれ落ちていきますが、老化や不規則な生活によってターンオーバーのサイクルが延びてしまうと、肌の中に蓄積されていってしまいます。
また、しみとそばかすは、どちらもメラニン色素の増加が原因で発症しますが、しみは、主に30歳以降の女性に多く、形や大きさもさまざまです。
それに対してそばかすは、遺伝的要素が強いもので、顔の真ん中や手の甲、腕、肩、背中などに多く、直径数ミリ程度の小さなものがほとんどです。

治療方法


ケミカルピーリング(マッサージピール、サリチル酸マクロゴールピーリング)

肌の表面に残った古い角質をピーリング剤によって化学的(ケミカル)に剥離(ピーリング)する治療です。


GF ブライトニング コンプレックス

色ムラやシミなど目立ちにくくし、明るいトーンの肌へ導くセラム。 
配合成分が肌細胞にアプローチし、肌に活力をもたらします。



ダーマペン
ダーマペンは、微細な針で肌に高密度に穴を開けてコラーゲンを増やし、真皮にヒアルロン酸や成長因子を直接導入できるため、より短時間で治療効果を引き出す事ができます。

プラズマシャワー

プラズマの作用により皮膚細胞を結合している細胞接着分子(CAMs)を切断し、必要な薬剤を皮膚表面に塗布するだけで薬剤の皮膚組織への吸収を驚異的に促します。


内服薬

トランサミンやビタミンCなどの内服薬を飲むことで、肌の新陳代謝を促進したり、メラニンの生成を抑制したりします。
体の内側からのアプローチとして活用されます。

塗り薬

ハイドロキノンやトレチノインが一般的です。ハイドロキノンはしみの漂白作用があり、トレチノインは肌のターンオーバーを正常にしたり、メラニンを排出したりする働きを持っています。