シワ

シワとは


皮膚は加齢とともに乾燥し、シワが増え、萎縮退行します。露出している部分は、日光により細胞間基質が変性し、シワはさらに深くなります。シワの危険因子として、加齢、光老化、禁煙、過剰な筋緊張、るい痩などがあります。
シワの進行は、最初は細かいちりめんジワ、続いて小ジワ、最後にたるみによるシワと、より深くなっていきます。しわが目立つようになると、ハリが失われるほか、実年齢より老けて見えてしまいます。こうした現象に対して、科学的なアプローチで改善を図るのがクリニックでの治療です。熱エネルギーを肌の深部に加えることでコラーゲンを増殖させるなど、さまざまな治療法が揃っています。

シワ・小ジワの原因は?


乾燥
乾燥肌でなくとも、季節の変わり目や冷暖房などで肌が乾くと角質層の表面がパリパリとはがれ、水分はどんどん蒸発。結果、無防備な皮膚は硬くなって萎縮し、小ジワを引き起こす原因になります。

紫外線
昔と比較すると、環境汚染によるオゾン層の崩壊などにより紫外線量は圧倒的に増加します。直射日光によりコラーゲンやエラスチンはダメージを受け、肌内部からの落ち込みにより深いシワになります。

加齢
年齢を重ねることにより真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少し、肌はハリを失ってしわを引き起こします。

シワ・小ジワの治療方法


ケミカルピーリング(マッサージピール、サリチル酸マグコロール)

肌の表面に残った古い角質をピーリング剤によって化学的(ケミカル)に剥離(ピーリング)する治療です。

ダーマペン
ダーマペンは、微細な針で肌に高密度に穴を開けてコラーゲンを増やし、真皮にヒアルロン酸や成長因子を直接導入できるため、より短時間で治療効果を引き出す事ができます。

プラズマシャワー

プラズマの作用により皮膚細胞を結合している細胞接着分子(CAMs)を切断し、必要な薬剤を皮膚表面に塗布するだけで薬剤の皮膚組織への吸収を驚異的に促します。