HIFU(ハイフ)

HIFU(ハイフ)とは

 HIFU(ハイフ)とは、「High-intensity focused ultrasound」の略称で、高密度焦点式超音波と呼ばれています。 膚を傷つけずに改善させたいお顔などに、強力な超音波エネルギーHIFU(高密度焦点式超音波)を照射することで、しわ・たるみ・ほうれい線を改善させる、今人気の「切らない」リフトアップ治療機器です。
この超音波のエネルギー温度は、コラーゲン線維を安全に効率よく増やせる60度~70度です。この温度のエネルギーをたるみの原因であるSMAS層(表在筋膜)に、ピンポイントで照射することで、コラーゲン線維を縮ませ、肌を引き締めることで高いリフトアップ効果をもたらします。 


HIFUの仕組み

カートリッジを切り替えることで皮膚の浅い層から深い層まで幅広く照射できます


HIFU(ハイフ)は、皮下組織層のさらに奥にあるSMAS層(表在筋膜)に、ピンポイントで照射することができます。このSMAS層に熱を加えることで、たんぱく質を凝集し、たるみの原因であるコラーゲン線維のゆるみにダメージを与えます。

熱ダメージを与えると、コラーゲン線維が修復し、収縮する過程で大量のコラーゲン線維が再生されます。その結果、お肌内部が引き締まりリフトアップ効果を得ることができます。

またカートリッジを切り替えることで、これまで難しかった”目元・眉下・口周り、額”などのこじわの解消・リフトアップが実現できます。


HIFU(ハイフ)はこんな方におすすめ


  • 手軽にしわやたるみを治療したい方
  • メスや注射を使いたくない方
  • 最新の治療を受けたい方
  • しっかりたるみやしわを治療したい方
  • 将来に向けてしわやたるみを予防したい方
  • 高級な治療を受けたい方
  • 化粧品では効果がなかった方


 

気になる箇所に的確に照射

顔のあらゆる部位に照射できます。額、眉間、目の上下、目尻、頬、ほうれい線、口回り、フェイスライン、顎下全体を対象に、切らずにしっかり、たるみを引き上げ、しわを伸ばせます。 

HIFUの施術の流れ

施術時間

10分~60分(治療部位による)

麻酔

なし ※ほぼ痛みなし

腫れ・痛み

ほぼなし

内出血・傷跡

なし

メイク

術後すぐ可能

入浴・運動・飲酒

術後から可能

術後

照射直後、赤みがでますが30分ほどで、目立たなくなっていきます。軽度のむくみ・つっぱり感・筋肉痛・かゆみの症状が出る場合があります。術後1、2週間は軽度の圧痛がありますが、コラーゲンが増幅している最中ですので、ご安心ください。

HIFUができない方
お顔に金属の糸が入っている方、妊娠中の方、甲状腺の治療中の方(首への照射ができません)

継続の目安

4ヶ月~6ヶ月に1回 ※治療後3ヶ月以内はできません。