GLP-1 メディカルダイエット(ビクトーザ)

体質改善しながら楽にやせる


痩せるホルモン=GLP-1ホルモン 

痩せるホルモンのGLP-1は、元々、ヒトの体内に存在するホルモンです。 
GLP-1とは、食事による刺激によって小腸から分泌され、β細胞にあるGLP-1受容体と結合して、インスリン分泌を増加させる働きをしています。 
肥満者では、食後の血中GLP-1濃度が上がりにくく、痩せると正常値に近づきます。ようは、GLP-1の濃度によって、「太っている人は、太りやすく」「痩せている人は、太りにくく」なっていきます。  


GLP-1ホルモンの効果 

1.血糖値を下げる
GLP-1は小腸から分泌され、インスリンの分泌を促進します。インスリンは脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制する作用を持っています。

2.ゆっくり消化
GLP-1のホルモンの影響で食べ物の消化が緩やかになります。結果、血糖値の急上昇も抑えられ、食事の満足感も長く持続します。

3.脳が満足感を感じる
血液中に糖分が行き渡ることで、身体は脳に「もう十分エネルギーを取りました」と伝え、満足感を認識させます。血液中に糖分を行き渡らせるインスリンが十分にゆっくりと分泌されることで、脳が満足感を得られやすくなります。



GLP‐1ダイエットの特徴 

自然に食欲が落ちる
食欲を抑える働きがあり、少量食べただけで満腹感が得られ食間もお腹が空きにくくなります。食事量を抑えやすく、摂取カロリーが自然に減り体重減少につながります

ストレスが少ない 
厳しい食事制限やハードな運動は心身に負担がかかり、ダイエット失敗の原因になります。GLP-1注射は自然に食事量を減らし、ストレスの少ないダイエットをサポートします。 


GLP-1 メディカルダイエット(ビクトーザ)


 注射1本:25,000円
初回:20,000円

針購入:14本   1,000円
アルコール綿:1,000円(30日分)

副作用

  • 治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状がでることがあります。
  • ご自身での皮下注射を行うため、指導時の使用方法を守って治療を行ってください。
  • 自己注射により、稀に内出血などの症状がみられることがありますが、数日で落ち着きます。
  • 糖尿病治療中の方は治療薬の内容により、GLP-1注射療法を受けられない場合があります。
  • その他、甲状腺疾患、膵臓疾患の方についてもGLP-1注射療法が受けられない場合があります。

その他情報について

・本薬剤は国内未承認医薬品である。
・入手経路は、個人輸入である。
・参考URL
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

・国内、アメリカで2型糖尿病治療薬として承認を受けている。