• 美容皮膚科 名古屋TOP>
  • お知らせ>
  • 世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ、その特徴、メカニズム、他剤との比較、について名古屋の美容皮膚科医が解説

NEWSお知らせ

2024.05.10|ブログ

世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ、その特徴、メカニズム、他剤との比較、について名古屋の美容皮膚科医が解説

世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ、その特徴、メカニズム、他剤との比較、について名古屋の美容皮膚科医が解説

 

こんにちは、Wスキンクリニック名古屋、院長の加藤晃司です。

 

自分自身であらゆるダイエット内服、ダイエットデバイス、脂肪溶解注射を使いまくったせいで、かなりダイエットマニアになってしまいました。

 

そんな私が使っても、マンジャロ、かなり良いです。

 

ビクトーザよりも私はやや気持ち悪くなりましたが、体重下がるので、何も気にはなりませんでした。

 

体重を早く下げたい時は、しばらくはこれを使うと思います。

 

維持期は内服でコントロールできます。

 

 

<マンジャロの特徴、メカニズム、効果、他剤より効果強いか、副作用、について>

 

マンジャロ(Mounjaro)は、ティルゼパチド(tirzepatide)という成分を含む医薬品です。マンジャロは最近開発された薬剤で、他の既存ダイエット薬と比較して注目されるいくつかの特徴を持っています。

 

(1)特徴

マンジャロは、GLP-1(グルカゴン様ペプチド1)受容体アゴニストとGIP(グルコース依存的インスリノトロピックペプチド)受容体アゴニストの両方の作用を併せ持つデュアル作用薬です。この独特な組み合わせにより、血糖コントロールと体重減少の効果が強化されます。

 

(2)メカニズム

GLP-1受容体アゴニスト: インスリンの分泌を刺激し、高血糖時にその効果が高まるように作用します。また、胃の空腹時の動きを遅らせ、食欲を抑制します。

GIP受容体アゴニスト: 本来、食後に分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を強化し、血糖の急激な上昇を防ぎます。

 

(3)効果

血糖管理: マンジャロは、空腹時及び食後の血糖値を効果的に低下させます。これにより、HbA1c(長期血糖値)の低下を促進し、体重減少を向上させます。

体重減少: 食欲抑制と消化吸収遅延の効果により、体重減少を促進します。

 

(4)他剤との比較

マンジャロは、特に体重減少の面で他のGLP-1受容体アゴニストよりも強い効果があります。そのデュアル作用により、他の糖尿病治療薬(例えば、セマグルチドなどのGLP-1単独作用薬)と比べて総合的な血糖管理と体重減少の面で優れている可能性が示されています。

 

(5)副作用

マンジャロの主な副作用には以下のものがあります:

 

消化器系の副作用: 吐き気、嘔吐、下痢、便秘など。

低血糖症: インスリンとの併用時には、低血糖のリスクが高まる可能性があります。

 

 

まとめ

今回は、マンジャロの特徴、メカニズム、効果、他剤より効果強いか、副作用、について解説しました。

 

使用感としては、週1の注射でいいですし、もちろんまったく痛くはありません。

 

夏にむけて体重を下げたい方にはおすすめです。

 

 

マンジャロのページはこちら

https://www.w-clinic-nagoya.com/medical-diet/mounjaro

 

Wスキンクリニック名古屋での、ダイエット内服はこちら

https://www.w-clinic-nagoya.com/oral-diet

内服はオンライン診察後の郵送も行っていますので、ぜひご利用ください。

https://www.w-clinic-nagoya.com/online

 

Wスキンクリニック名古屋

理事長 加藤晃司

 

 

当院では無料でスタッフカウンセリングを行なっております。

お気軽にご予約くださいませ

 

 

Wスキンクリニック名古屋 (美容皮膚科)

https://www.w-clinic-nagoya.com/

 

〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜 2-4-1 第3コジマビル6F

TEL 052-7377-7117(10:00~19:00)

LINE ID @w.nagoya

高岳駅より徒歩4分 / 新栄町駅より徒歩5分

 

お車でお越しの方

名鉄協商パーキングチケットをお渡しいたしますので、クリニック近くのパーキングをご利用ください。